FC2ブログ

涼子のM日記

ARTICLE PAGE

記録すること

写真を撮らせて…
かつての恋人に言われた時は、その言葉に困惑し嫌悪感を覚えました。
私の曇った表情を受けてすぐに取り下げたものの
暫く経つと懇願されるようになりました。
当時はスマホは普及しておらず、携帯のカメラで
の撮影。
顔は絶対映さないことを条件に承諾しました。

あの時は拒絶反応を覚えた撮影でしたが、今は必要不可欠なものとなりました。
彼と逢えない時間に画像が気持ちを繋いでいます。朧げな快楽が鮮明に蘇ってくるのです。



暫く逢えません…。仕方のないこと。

  • Trackback:0