FC2ブログ

涼子のM日記

ARTICLE PAGE



手を後ろで組むように命ぜられ、喉奥まで彼が入っきました。
目からは涙が溢れます。
意地悪な彼の手は私の髪を優しく触りながら頭を押さえつけ、更に奥まで挿れるのです。
  • Trackback:0