FC2ブログ
Welcome to my blog

涼子のM日記

ARCHIVE PAGE: 2016年10月

甘美なキス

M

鞭の後はパドルで叩かれました。彼は絶妙な力加減で痛みを感じさせますが傷はつけません…赤くなったお尻を撫りながら、舌を捻じ込まれました。甘美なご褒美。...

磔 4

M

鞭…が加えられました。バラ鞭とはいえ痛い…必死に痛みに耐える私に「止めるか?」と彼は聞きます。首を横に振るとまた鞭が振り下ろされ…...

磔 3

M

手足を固定された上、鎖で拘束されてしまいました。脚も開いて無防備な状態…太ももにはデンマが括り付けられてしまいました。声を上げることしか出来ません…...

磔 2

M

両手首、足首を拘束され身動きが取れません。彼を見ることも…耳だけでこれから起こることを予測するしかないのです。...

M

彼の綺麗な手で拘束されていく…これからたくさん虐められることを予想し鼓動が高鳴りました。...

後ろから

M

後ろから…お尻を叩かれたり、乳房を触られたり…背中を噛まれたり…髪を引っ張られたりしながら深く犯される。凄く幸せ…...

噛むという行為

M

高校生の時だったでしょうか…「ドラキュラ」という映画に魅了され、ビデオを借りてこっそり観た記憶があります。首筋を噛まれるの行為がとても官能的で、ゲイリーオールドマン扮するドラキュラ伯爵に殺されてもいいから噛まれてみたいと…Mさんと身体を重ねていた時、ガブリと首筋を噛みつかれました。もちろん優しい甘噛みで痕が付く程でなかったけれど、永年の願いが叶った瞬間でした。...

より深く

M

脚を持ち上げられさらに奥に…彼でいっぱいになります。...

繋がり

M

彼が奥深くまで入ってきました。恥ずかしくて目を開くことができませんでした。...

命令

M

彼に促され雪崩れ込むようにベッドに…自分で脚を開くよう命令されました。濡れて淫らになっている所を自ら見せるようにと。...