FC2ブログ

涼子のM日記

ARCHIVE PAGE

Archive

2014年10月 1/1

拘束の魅惑2

ぎゅっと縛りつけ革の間から乳房を引き出すと掴まれている感覚に襲われます。後ろ手に拘束され、跪きながら肉棒を喉まで含みたい…...

  •  11
  •  0

欠けた心

時折どうしようもない不安が私を襲います。誰か強く抱きしめて…離さないて押さえつけて。私を必要としてください。痛みや苦痛に耐えますから…あなたの欲望を飲み込みますから… 私を支配して離さないでください。私を愛してください。...

  •  5
  •  0

指先

ホテルの一室で彼とならんでサンドイッチを食べていた時、彼の指が私の頬に触れました。指先はさらに伸びて、私の唇をゆっくりなぞります。言葉を発せず…ただ慈しむように彼の指は動きました。指先から伝わる気持を必死に読み取ります。彼の指は私の口の中に…指に舌を絡ませました。...

  •  4
  •  0

網の上から

...

  •  8
  •  0

淫靡…紫

幼い頃から母に「紫は下品な色。」大人になっても身に纏うのはやめなさいと言われました。母は紺が好きで、紫の服は一枚も持っていませんでした。私も普段は紺色の服をよく着ています。何と無く安心するのです。でも、ランジェリーではパープルを選びます。着けるとすぐに淫靡な気持ちになり、めくるめく情事を想像してしまう…...

  •  5
  •  0

深く…

...

  •  3
  •  0

彷徨

...

  •  9
  •  0