FC2ブログ

涼子のM日記

INDEX PAGE

Index

729: 音の支配

指で逃げられないように固定されて…お尻を

  •  0
  •  0

728: あと少し

あと少し待てば彼と逢えます。ほんの僅かな

  •  5
  •  0

727: 瞬間

後ろに手を組むように命ぜられ、ワンピース

  •  4
  •  0

726: 尽くす

当たり前のように脚を出し、舐めるように促

  •  3
  •  0

725: 屈辱的

彼の前に四つん這いには。お尻を出すように

  •  3
  •  0

724: 主従関係

彼をご主人様と呼んだことは一度もないし、

  •  1
  •  0

723: 夢の中

彼と重なる、幸せな時間。忙殺される日々を

  •  4
  •  0

722: 視線

彼から見た私。洗面所の前、下着をずらされ

  •  3
  •  0

721:

秋になり、めまぐるしく毎日過ぎていく。な

  •  1
  •  0

720: 対比

ソファに座る彼。床に跪く私。 彼の脚の間

  •  1
  •  0

719: 羞恥

彼の前に四つん這いになり跪く。私の脚の間

  •  2
  •  0

718: ブロ友さまに

画像クリックするとジャンプします。「きん

  •  0
  •  0

717: 次の場所

彼と過ごす僅かな時間。この時間だけが私の

  •  1
  •  0

716: いじわるなこと

ベッドに押し倒され重なり合う。指を覆う彼

  •  1
  •  0

715: 弄ばれる

彼の手は優しくなったり、意地悪になったり

  •  3
  •  0

714: 命令

彼の上に乗せられてしまいました。甘えたく

  •  3
  •  0

713: 器用

キスも追加され、つくづく彼は器用な人だと

  •  1
  •  0

712: 想定外

脚を持ち上げられて…動揺隠す間も無く突き

  •  2
  •  0

711: 彼を見ながら

彼と対面に…目を合わせることが恥ずかしい

  •  2
  •  0

710: 情欲

下着を剥がされ…重なり合う二人。画像を見

  •  3
  •  0

709: 脱力

ベットの上に倒れこむ私。休息は束の間…彼

  •  1
  •  0

708: irrumatio

乳房を露わにされたまま彼のものを含みまし

  •  3
  •  0

707: 晒される

名残惜しいのですが、縄は一旦解かれ仕切り

  •  3
  •  0

706: 手のひら

縄を纏ったまま横たわり…お尻を何度も叩か

  •  2
  •  0

705: hug

直ぐに根をあげてしまった私に、良く頑張っ

  •  3
  •  0

704: 吊り

更に縄は足されて私の身体は水平に。こうし

  •  3
  •  0

702: 開脚

太ももに掛けられた縄…片脚を吊り上げられ

  •  4
  •  0

701: 淀みなく

次々に縄が足されていきました。淀みなく…

  •  1
  •  0

700: 次の物語

次の物語の始まり。この日、彼はたくさんの

  •  2
  •  0

699: 当たり前のこと

奉仕とも表現するようですが、私にはその意

  •  4
  •  0

698: 膝枕

彼の太ももに膝枕…ホッとしたのも束の間喉

  •  1
  •  0

697: 解きながら…

彼は片手で器用に縄を解きながらも責めるこ

  •  1
  •  0

696: 解く

楔が打ち込まれたまま縄が解かれていく…

  •  0
  •  0

695: 1つ前の記事

文章能力が低い上、思考が粘着質になる夜中

  •  5
  •  0

694: 愛してあげて

『愛情を注いであげてください』『愛してあ

  •  7
  •  0

693: 組み敷かれて…

後ろ手に拘束されたまま組み敷かれました。

  •  1
  •  0

692: 手と手

腰を引き寄せられて更に深く重なりました。

  •  6
  •  0

691: 非日常

彼と私が共有している甘美な世界。非日常の

  •  3
  •  0

690: 無限ループ

忙殺される日々が続いています。私のいけな

  •  4
  •  0

688: 重なる

彼に抱き抱えてられて、上に…硬い杭を奥ま

  •  1
  •  0

689: 『きんぶろ』

敬愛する『きんぶろ』にご紹介していただき

  •  1
  •  0

687: 淡々と

手慣れた手つきでス淡々とトッキングを脱が

  •  2
  •  0

686: 2つの快楽

彼に抱き抱えられました。右手で乳首を弄ら

  •  4
  •  0

685: 縄の間に

乳首を縄で挟まれました。硬くなった乳首を

  •  2
  •  0

684: 少しずつ

ほんの少しずつ縮まっていく2人の距離。燃

  •  1
  •  0

683: 2人の距離

彼との距離が近くなったのは最近のこと。最

  •  2
  •  0

682: 抱かれたい

早く逢いたい…彼に乱暴に抱かれたい。

  •  5
  •  0

681: 冷静

休むことなく責め続てくる彼…押し寄せる快

  •  2
  •  0

680: 噛み跡

奥深く挿し込まれながら背中を噛まれました

  •  6
  •  0

679: 奴隷

後ろから深く挿し込まれました。肉襞が彼に

  •  3
  •  0

678: ご褒美

彼が私にくれるご褒美…

  •  1
  •  0

677: 尽くす幸せ

今度は私の番。彼のものを口に含みます。さ

  •  4
  •  0

676: ごめんなさい

抱き起こされお尻を突き出す格好に…彼の舌

  •  5
  •  0

675: 脱力

吊り縄が解かれソファーの上に。ぐったりす

  •  6
  •  0

674: して欲しいこと

して欲しいことは?彼に問われました…して

  •  1
  •  0

673: 愚痴

彼と逢いました。彼からいろんな話を聞くこ

  •  5
  •  0

672: 中指

後ろ手で吊るされてスリップをたくし上げら

  •  2
  •  0

671: 逢瀬

彼と会う日が決まりました。一ヶ月ぶりの逢

  •  4
  •  0

670: 痛みと快楽

痛みと快楽…相反するものが私の脳内に刷り

  •  3
  •  0

669: 塞がれて

口は彼自身が挿し込まれ…もうひとつの入口

  •  5
  •  0

668: 重なる

彼と深く身体を重ね合わせました。両手首は

  •  1
  •  0

667: 委ねる

彼は私の脚を大きく開きじっと眺めました。

  •  3
  •  0

666: ラップワンピース

たくさんの縄で拘束…目隠しをされていたの

  •  3
  •  0

665: 本能

最近、痛いっ…と声が漏れてしまうほど強く

  •  3
  •  0

664: 固執

彼はお尻に固執します…

  •  4
  •  0

663: 彼の腕

吊りから解放され、そのまま両手首を拘束。

  •  2
  •  0

662: 次の物語

鏡の前で両手を吊るされました。後ろに立ち

  •  4
  •  0

661: 最後

後ろから突き上げられるように何度も何度も

  •  2
  •  0

660: 彼の上で

彼の上にのせられ楔は更に深くまで私を貫き

  •  4
  •  0

659: ベッドの上で

真っ白いシーツの上に投げ出されて彼に深く

  •  3
  •  0

658: 生々しい

乳首にローターが貼り付けられて…陰核には

  •  7
  •  0

657: 二人の姿

彼はシャツ姿のまま、冷静な面持ちで私を拘

  •  1
  •  0

656: テーブルに…

テーブルの上に寝かせられました。躊躇する

  •  6
  •  0

655: 皆さまへ

いつもブログをご覧いただきありがとうござ

  •  8
  •  0

654: 乳房緊縛

ずっとこんなふうに乳房を縛ってもらうこと

  •  6
  •  0

653: 縄化粧

縛られていく乳房彼に身体を委ねます乳房が

  •  8
  •  0

652: 彼の指

彼の指が私の奥深くに挿しこまれました。ゆ

  •  4
  •  0

651: 屈辱の効果

彼はいつも私を四つん這いにさせます。お尻

  •  4
  •  0

650: 荒く優しく

乳房をぎゅっと掴まれました。手荒いようで

  •  1
  •  0

649: そのまま

彼は手慣れた手つきで操作し、絶妙な角度に

  •  5
  •  0

648: 同時に

彼はバイブを私の身体の中に埋め、チェーン

  •  3
  •  0

647: 有無を言わさず…

抱きかかえられ拘束椅子に…恥ずかしさで脚

  •  3
  •  0

646: 従う理由

いくつかの婚外恋愛を経て、はっきり分かっ

  •  5
  •  0

645: 奴隷

彼にの前に両手をついてひざまづく…何をさ

  •  6
  •  0

644: キスのご褒美

必死に耐えたご褒美に差し込まれる彼の舌。

  •  3
  •  0

643: 理由2

縄で固定されたもの…先端に充てられて蠢き

  •  2
  •  0

642: 理由

乳首にクリップを着けられてしまいました。

  •  7
  •  0

641: 赤い縄

恥ずかしい姿のまま縄を足されて行きます。

  •  3
  •  0

640: 淡々と

彼はいつも淡々と進めていきます。手首と脚

  •  3
  •  0

639: 次の物語

物語の中のひと場面のよう…

  •  4
  •  0

638: 彼の手

意地悪で優しい彼の手。頭を押さえつけられ

  •  1
  •  0

637: 再び

ソファにしがみつくような態勢で。再度後ろ

  •  1
  •  0

636: プラグ

身体にプラグをねじ込まれてしまいました。

  •  0
  •  0

635: 尽くす

彼の前に跪き尽くす…喉の奥まで彼のもので

  •  0
  •  0

634: 朧げ

記憶が朧げなのですが、彼に組み込まれたま

  •  0
  •  0

633: つま先立ち

バイブが抜き取られ、彼が入ってきました。

  •  2
  •  0

632: 言葉

言葉責め…という行為は苦手。もちろん言葉

  •  2
  •  0

631: 髪を掴まれながら

手首を吊るされて立たされました。お尻を突

  •  3
  •  0

630: 揺れる

立たせられて責められています…デンマが押

  •  1
  •  0

629: 秘密の箱

幼い頃、小さな箱を持っていました。その中

  •  4
  •  0

628: monochrome

2人だけの空間。モノクロだと非現実の世界

  •  4
  •  0

627: 春霞

春霞…春に霧や靄などによって、景色がぼや

  •  4
  •  0

626: 3月

3月はあっという間に過ぎ去ってしまいまし

  •  -
  •  0

625: 命令

鏡に映る自分の姿…恥ずかしくて隠そうとす

  •  -
  •  0

624: やっと

先日、彼が仕事を抜け出し時間を作ってくれ

  •  -
  •  0

623: 尽くす

髪を掴まれながら、彼に尽くす…

  •  -
  •  0

622: 甘くて…

濃密なキス…

  •  -
  •  0

621: 快楽の淵

幸せの見せびらかし…彼の指が懐かしい

  •  -
  •  0

620: 乳房へのキス

彼と会うのは平日の昼間。今まで私と会うた

  •  -
  •  0

619: 消化

ブログに綴ることでもう一度彼に抱かれてい

  •  -
  •  0

618: 深く…

彼に奥まで貫かれました。何度も…彼の吐息

  •  -
  •  0

617: 鏡の向こう

鏡に写る二人の姿…

  •  -
  •  0

616: 次は…

指の次は…

  •  -
  •  0

615: 彼の親指

彼の親指を舐める…手じゃなくて足の指。彼

  •  -
  •  0

614:

朝方、泣きながら目が覚めました。わーんと

  •  -
  •  0

613: いつの間にか

彼と会う前はアナルには拒否反応を示してい

  •  -
  •  0

612: 意地悪

彼が用意してくれたランジェリー。 切り抜

  •  -
  •  0

610:

鞭を置かれました…ゾクッとする瞬間。これ

  •  -
  •  0

609: 四つん這い

彼の前にお尻を突き出し、四つん這いに…無

  •  -
  •  0

608: 後ろから

手首を吊られての愛撫。凄く好き…彼に逢い

  •  -
  •  0

607: 縄飾り

綿ロープで縛ってくれました。緊縛は着物の

  •  -
  •  0

606: 欲張り

幸せな時間はあっという間…彼と会えない時

  •  -
  •  0

605: 好きなように

彼の手が首に…苦しさで悶えると、乳房を噛

  •  -
  •  0

604: 手と手

引き寄せられてぎゅーっと…彼の手と私の手

  •  -
  •  0

603: 彼の上に

  •  -
  •  0

602: 重なり

ベッドにうつ伏せに押し倒されて、彼が奥深

  •  -
  •  0

601: 準備

呼吸が正常に戻ったのも束の間。髪をつかま

  •  -
  •  0

600: 解放

  •  -
  •  0

599: 朦朧

朦朧としてきました。カメラのシャッター音

  •  -
  •  0

598: 吊り

苦しいけど嬉しい。身体全体が一度に拘束さ

  •  -
  •  0

597: ついに…

  •  -
  •  0

596: 更に

右足首にも縄が…鼓動が高まります。彼はい

  •  -
  •  0

595: 露わに…

足首に縄を付けられて梁に掛けられました。

  •  -
  •  0

594: 縄音

彼が私の奥まで来る度に縄の軋む音が響きま

  •  -
  •  0

593: 新調

彼から新しい麻縄が届いたとの連絡が…たく

  •  -
  •  0

592: Special Thanks

「 きんぶろ」で紹介していただきました。

  •  -
  •  0

591: 抱きしめられながら

クリップを付けられて、後ろから抱き抱えら

  •  -
  •  0

590: 痕跡

彼が私に残す痕跡。

  •  -
  •  0

589: 背後からの愛撫

背後から乳首を触れられました。私の背中と

  •  -
  •  0

588: 縄酔い2

梁に吊られてしまいました。縄酔いし下を向

  •  -
  •  0

587: 探しもの3

彼の温かく綺麗な手で縛り上げられた乳房を

  •  -
  •  0

586: 新年

新年明けましておめでとうございます。皆さ

  •  -
  •  0

585: 探しもの 2

私が探し当てたと思っていても彼にとっては

  •  -
  •  0

584: 探しもの

彼との出逢いは長い間探していたパズルのピ

  •  -
  •  0

583: 出逢った頃

出逢った頃の画像。彼と出会って暫くは深入

  •  -
  •  0

582: 縄酔い

昨夜、彼から仕事納めだったとのメールが届

  •  -
  •  0

581: 満たされて

手際よく縄が足されて身体が包まれていきま

  •  -
  •  0

580: 鮮明

後ろ手に縛られている時は彼の手元は見えず

  •  -
  •  0

579: 願い

今年もあと僅か…一年を振り返ると反省や後

  •  -
  •  0

578: 背伸びしながら…

トイレで彼に犯されました…長身な彼に合わ

  •  -
  •  0

577: 一段落

「いちだんらく」が正しいらしいです。分か

  •  -
  •  0

576: 痛みの向こう

  •  -
  •  0

575: フラクタル

ある形が大きさを変えて繰り返されていく様

  •  -
  •  0

574: お散歩

目隠しをされると聴覚だけで状況判断をしな

  •  -
  •  0

573: 狸穴町

マミアナ町…漢字の通り昔は狸が出没し、住

  •  -
  •  0

572: この世界に…

この世界に浸りつつも時折後ろを振り返る時

  •  -
  •  0

571: 真夏の調教

夏の日の逢瀬の一枚。記憶が呼び戻されます

  •  -
  •  0

570: 今年最後の逢瀬

やっと来週、彼と逢えます。彼に逢えるのは

  •  -
  •  0

569: 官能と乱暴

彼はよく私の髪を無造作に掴んで、ぎゅーと

  •  -
  •  0

568: 裂かれて…

深紅に染められたあとにスリップを引き裂か

  •  -
  •  0

567: 深紅に

乳房が少しずつ深紅に染められていきました

  •  -
  •  0

566: 蝋燭 3

胸を露わにされ…蝋で染められました

  •  -
  •  0

565: 蝋燭 2

画像を見て分かったことですが彼は蝋燭を一

  •  -
  •  0

564: 蝋燭

実は幼い頃、ロウソクでよく遊んでいました

  •  -
  •  0

563: 躰の中へ

きっとキスと指で淫らに濡れているはず。彼

  •  -
  •  0

562: 狂いそう…

キスと彼の中指。もう狂いそう…

  •  -
  •  0

561: 秋の妄想

日増しに寒くなりますね…秋を堪能する暇も

  •  -
  •  0

560: 痛みの先に

チェーンを引っ張られる… 痛い。我慢したら

  •  -
  •  0

559: 確認

自撮りをすることで否が応でも自分の躰の状

  •  -
  •  0

558: 小休止

彼に手を取られ未知の世界に足を踏み入れま

  •  -
  •  0

557: クリップ

乳首を摘まれクリップを付けられました。ネ

  •  -
  •  0

556: 拘束椅子 3

全容。恥ずかし過ぎますね。生々しいし…掲

  •  -
  •  0

555: 拘束椅子 2

この時私は目隠しをしています。自分がこん

  •  -
  •  0

554: 拘束椅子

彼に抱きかかえられて拘束椅子に…脚を大き

  •  -
  •  0

553: 感謝

「きんぶろ 」でご紹介していただきました

  •  -
  •  0

552: 意地悪

隠すべき所を晒されてしまいました。彼は静

  •  -
  •  0

551:

鋏の刃が冷たく感じました。ゆっくり切り裂

  •  -
  •  0

550: 甘美なキス

鞭の後はパドルで叩かれました。彼は絶妙な

  •  -
  •  0

549: 磔 4

鞭…が加えられました。バラ鞭とはいえ痛い…

  •  -
  •  0

548: 磔 3

手足を固定された上、鎖で拘束されてしまい

  •  -
  •  0

547: 磔 2

両手首、足首を拘束され身動きが取れません

  •  -
  •  0

546:

彼の綺麗な手で拘束されていく…これからた

  •  -
  •  0

545: 後ろから

後ろから…お尻を叩かれたり、乳房を触られ

  •  -
  •  0

544: 噛むという行為

高校生の時だったでしょうか…「ドラキュラ

  •  -
  •  0

543: より深く

脚を持ち上げられさらに奥に…彼でいっぱい

  •  -
  •  0

541: 繋がり

彼が奥深くまで入ってきました。恥ずかしく

  •  -
  •  0

540: 命令

彼に促され雪崩れ込むようにベッドに…自分

  •  -
  •  0

539: お仕置

鏡から目を逸らしてしまったのでお尻を叩か

  •  -
  •  0

538: 歪み

後ろから乳房を鷲掴みにされました。前方に

  •  -
  •  0

537: 記録すること

写真を撮らせて… かつての恋人に言われた時

  •  -
  •  0

536: 陶酔

椅子に掴まるように言われました。正面には

  •  -
  •  0

535: 脱がされて

彼にワンピースを脱がされました。こういう

  •  -
  •  0

534:

手を後ろで組むように命ぜられ、喉奥まで彼

  •  -
  •  0

533: 言い訳

先日、離婚をして数年経つ友人に恋人ができ

  •  -
  •  0

532:

口には彼の指が、私の身体の中には彼自身が

  •  -
  •  0

531: 一番の幸せ

夏の暑さを冷ますかのように雨が続きますね

  •  6
  •  0

530: 私の望み

彼はどうして欲しいのなんて聞かない…彼が

  •  -
  •  0

529: きんぶろ

「きんぶろ」に紹介していただきました。私

  •  -
  •  0

528: 深く…

スカートをたくし上げ、下着をずらして彼が

  •  -
  •  0

527:

最近、寂しい気持ちに包まれます。秋になり

  •  -
  •  0

526: 彼の手の平

彼は私のお尻を執拗に叩きます。結構な強さ

  •  -
  •  0

525: 冷たい鎖

リードを脚の間に通され持ち上げられました

  •  -
  •  0

524: 続く恥辱

ほっとしたのも束の間、部屋の中央に連れて

  •  -
  •  0

523: 服従

後手に手枷が施されたまま彼の前に跪きまし

  •  -
  •  0

522: 解放

縄を解かれました。でも後手の拘束はそのま

  •  -
  •  0

521: 脳内麻薬

ある一定の苦痛を乗り越えると気持ちよく自

  •  -
  •  0

520: 唇から乳房へ

中指は私を貫いたまま彼の舌はリードに沿っ

  •  -
  •  0

519: 舌と…指

舌を捻じ込まれると同時に彼の中指が私の中

  •  -
  •  0

518: 脚を…

片脚を持ち上げられてしまいました。これか

  •  -
  •  0

517: 痛み

彼は躊躇する事なく洗濯バサミを使います…

  •  -
  •  0

516: 露わに…

両手首を拘束され身動きできない状態でラッ

  •  -
  •  0

515: 拘束

首輪をつけられて立たされ、手首を荒縄で拘

  •  -
  •  0

514: 隠し事

大人になったら1つや2つの隠し事を持ってい

  •  -
  •  0

513: 拘束と快楽

動けない状況…彼はじっと私を見つめながら

  •  -
  •  0

512: ご褒美

Mさんは意地悪で優しい…離れようとしたけれ

  •  -
  •  0

511: ノスタルジー2

洗濯バサミ…じわじわと広がるような痛みに

  •  -
  •  0

510: もどかしさ

Mさんから夏休み空いているとの連絡が…滅多

  •  -
  •  0

509: ノスタルジー

随分前に撮ってもらった画像。 縛ってもら

  •  -
  •  0

508: 彼の愛撫

彼の大きな手が私の首に…首を押さえられな

  •  -
  •  0

507: 屈辱と快感

部屋に入るとすぐ彼は私を四つん這いにさせ

  •  -
  •  0

506: 屈伏

彼は大きくて綺麗な手で私を強く抑えつけま

  •  -
  •  0

505: 8分目

今日は仕事が早く終わったので…1人で遅い

  •  9
  •  0

504: 紫の薔薇

こちらもsp-loveさんの商品。紫の縄と合わ

  •  -
  •  0

503: 委ねる幸せ…

彼の言う通り従うことが私の幸せ…

  •  -
  •  0

502: 名刺

婚外恋愛(不倫)は常にリスクが付きまとい

  •  -
  •  0

501: 忘却

こう忙しいと毎日の予定をこなすことに精一

  •  -
  •  0

500: 従順

好きな人に従うことは幸せなこと。最初は無

  •  -
  •  0

499: 束の間

7月は仕事に追われました。忙しさの波に溺

  •  -
  •  0

498:

外は雨… 窓から見える景色はオブラートに包

  •  -
  •  0

497: 静寂

静寂の中、時間は過ぎていく。こんなに恥ず

  •  -
  •  0

496: 飴と鞭

鞭のあとの甘い飴は格別。

  •  -
  •  0

495: 居場所

忙殺されるように過ごしています。少しでも

  •  -
  •  0

494: 非日常

通勤ラッシュの人波にのまれながらふと…非

  •  -
  •  0

493: ビーズチョーカー sp-love

コメントから、ビーズチョーカーの問い合わ

  •  -
  •  0

492: 珠玉の一枚

自分で珠玉なんて例えを使うのはおこがまし

  •  -
  •  0

491: 臙脂色のシルク縄

臙脂色のシルク縄…子供のころ、臙脂色のワ

  •  -
  •  0

490: 嫉妬

ずっと前にTさんに撮ってもらった写真。こ

  •  -
  •  0

489: 仕方のないこと…

雲のようなMさんから仕事が入り逢えなくな

  •  -
  •  0

488: 理由

ある心配事がありしばらくブログを閉鎖(パ

  •  11
  •  0

487: 癒し

ストレスフルな毎日だったので、思い切って

  •  -
  •  0

486: 天王洲アイル

外は雨。都内から外れたこのホテル、平日は

  •  -
  •  0

485: 気が遠のくほど…

  •  -
  •  0

484: ストレス

曇り空のように心の中が雲で覆われているよ

  •  -
  •  0

483: 紫陽花

今日は良い天気でしたね。ふと公園に咲く紫

  •  -
  •  0

482: お願い

このブログを見て不愉快な思いをする方もい

  •  -
  •  0

481: ボディアクセサリー

ボディアクセサリー… スワロフスキーで作ら

  •  -
  •  0

480: 梅雨空

今日も梅雨空。空はどんより… 暑い夏を前

  •  -
  •  0

479: Tさん

Tさんは長い間私を見守ってくれている稀有

  •  -
  •  0

477: 熟れた…

昨晩から張り出してきて痛いほど…先端は敏

  •  -
  •  0

476:

日増しに紫陽花が色づいていますね。雨の日

  •  -
  •  0

475: 過去の写真

写真を撮ってもらうことから離れているので

  •  -
  •  0

474: 渇き…

春の真夏日。庭の地面がカラカラに渇いてい

  •  -
  •  0

473: 女友だち

思春期の頃から徒党を組む女性特有の友人関

  •  -
  •  0

468: 初恋

先日、初恋の人に偶然出会いました。私は車

  •  -
  •  0

472: 縄の意味

乳房緊縛は見るのもされるのも好きです。そ

  •  -
  •  0

471: 自縛

冬物を整理していたら赤い縄が出てきたので

  •  -
  •  0

469: 40にして惑わず

こう自由な時間があるといろんなことを考え

  •  -
  •  0

467: 賞味期限

歳を重ねれば身体も老いてくるのは当然のこ

  •  -
  •  0

466: 上野にて…

GW突入しましたね…私は人混みが苦手なので

  •  -
  •  0

465: 変化

何年も前、結婚と同時に私にはいくつもの重

  •  -
  •  0

464: 絶妙な位置

シースルーの生地に施された刺繍。画像を見

  •  20
  •  0

463: sawren

ポーランドのランジェリー、sawren。刺繍が

  •  -
  •  0

462: 長い間…

長い間、ご無沙汰しておりました。冬の間、

  •  10
  •  0

461: Xmas

昔は特別な日であったはずのXmasですが最近

  •  -
  •  0

455: 余韻

  •  -
  •  0

450: サスペンダーストッキング

  •  -
  •  0

448: 冬の逢瀬

今日は風が冷たかったですね…2週間ぶりの逢

  •  -
  •  0

446: 薔薇の花束

20歳の誕生日に真っ赤な薔薇の花束が届きま

  •  -
  •  0

444: ニットから…

ニットをたくし上げらたら…

  •  -
  •  0

443: 冬へ

明日から12月。日に日に寒くなっていますね

  •  -
  •  0

435: 紫の麻縄2

アクセスランキング

  •  -
  •  0

433: 緊縛ブログ

閲覧数が急上昇…もしかしてと思い、緊縛ブ

  •  -
  •  0

432: 紫の麻縄

アクセスランキング

  •  -
  •  0

431: 寂寥感

今日は寂寥感に苛まれています。やることは

  •  -
  •  0

430: 幸せな時間

  •  -
  •  0

429: 吐息

アクセスランキング

  •  -
  •  0

428: 乳房

  •  -
  •  0

427: とめどなく

  •  -
  •  0

426: 深く

  •  -
  •  0

425: 彼と縄

  •  -
  •  0

424: 緊縛

  •  -
  •  0

423: 緊縛

  •  -
  •  0

422: 今日のこと

  •  -
  •  0

421: 続々続…

  •  -
  •  0

417: 午前4時

仕事で疲れが溜まり、夕食後、雪崩れ込むよ

  •  -
  •  0

416: 痕跡 翌日

  •  -
  •  0

415: 探りながら…

  •  -
  •  0

414: 痕跡

噛んで欲しいの…身体に痕をつけて…彼はちょ

  •  -
  •  0

413: 悪戯

  •  -
  •  0

403: 緊縛

  •  -
  •  0

402: 溜息

  •  -
  •  0

401: 空を眺めながら…

  •  -
  •  0

397: 秋雨

  •  -
  •  0

396: 意地悪の仕返し

  •  -
  •  0

395: 触れて…2

  •  -
  •  0

394: 触れて…

  •  -
  •  0

387: 日差しの下

  •  -
  •  0

386: 窓際

窓の外は夏の眩い光が降り注いでいます。

  •  -
  •  0

385: コメントについて

子どもの頃、日記には必ず担任の先生がコメ

  •  -
  •  0

384: 愚蒙

  •  -
  •  0

382: 汗の味

  •  -
  •  0

380:

  •  17
  •  0

379:

今日は休みで一日中、家の掃除をしていまし

  •  1
  •  0

378: 憧憬

  •  1
  •  0

377: 相反

黒のオープンブラと純潔を意味するpearl。

  •  4
  •  0

376: pearl

アクセサリーには興味がなく自分で買うこと

  •  0
  •  0

374: 安寧

心がぎゅっと抓られる。抓られ出来た傷をう

  •  1
  •  0

373: 原点回帰

今日は思いがけず休みが取れ、昼寝までして

  •  1
  •  0

372: 狂おしく

  •  4
  •  0

367: 網タイツ 3

  •  2
  •  0

365: 網タイツ

  •  2
  •  0

362: 恥辱

  •  4
  •  0

361: 彼の指先

  •  2
  •  0

359: 後ろ手拘束に目隠し

  •  1
  •  0

356: 懐古

  •  5
  •  0

355: 記憶の断片 2

  •  2
  •  0

350: 同時に

  •  10
  •  0

349:

  •  3
  •  0

348:

  •  3
  •  0

347: 彼から見える景色

  •  4
  •  0

346: ボンデージテープ 拘束 2

  •  6
  •  0

345: ボンデージテープ 拘束

  •  1
  •  0

343: レース

  •  2
  •  0

342: 手首拘束 2

  •  3
  •  0

341: 手首拘束

  •  3
  •  0

339: 快楽の淵

  •  2
  •  0

336: 陽の下で

  •  4
  •  0

335: green

  •  5
  •  0

334: 後ろ姿

  •  3
  •  0

333: 14日ぶりの逢瀬 3

  •  4
  •  0

332: 14日ぶりの逢瀬 2

  •  2
  •  0

331: 狂おしく

  •  4
  •  0

327: 愛撫

  •  2
  •  0

326: ずっと…

  •  3
  •  0

324: switch

  •  6
  •  0

320: 洗面台の上で 4

  •  9
  •  0

319: 洗面台の上で 3

  •  4
  •  0

318: 洗面台の前で 2

  •  3
  •  0

317: 洗面台の前で

  •  1
  •  0

316: 紅色

  •  7
  •  0

315: 花びらで…

  •  2
  •  0

313: シーツ

  •  5
  •  0

309: 背面拘束

  •  4
  •  0

307: 下弦の月

夜中にふと目が覚めて月が見たくなりました

  •  2
  •  0

306: 攪拌

  •  5
  •  0

305: 同時に

  •  2
  •  0

304: 晒されて

  •  2
  •  0

302: 繋がりに触れて

  •  8
  •  0

301: 溢れさせながら

  •  5
  •  0

300: 束ねられたまま

  •  6
  •  0

295: 性癖

私が小学生1年生の時、私を慕ってくれる男

  •  4
  •  0

293: 跪きながら…

  •  3
  •  0

291: 後ろから…

  •  1
  •  0

290: 背中

  •  6
  •  0

288:

  •  3
  •  0

287: 甘美な時間

  •  7
  •  0

286: ふと…

雨の降る日曜日、読書に没頭するにはうって

  •  4
  •  0

285: 裏切り

桜が枝をしならせるほどたくさんの花を咲か

  •  5
  •  0

284: 吸茎

  •  10
  •  0

282: 春の逢瀬 4

  •  2
  •  0

281: 春の逢瀬 3

シャツの下に隠されていたランジェリー。私

  •  2
  •  0

278: ご褒美

  •  8
  •  0

276: 焦らしの効果 3

  •  4
  •  0

275: 焦らしの効果 2

  •  3
  •  0

274: 焦らしの効果

  •  4
  •  0

272: 露わに…

  •  11
  •  0

271: 肌触り

ツルツルした素材のスリップ…布越しに触ら

  •  4
  •  0

266: 人差し指

  •  6
  •  0

264: 表と裏

  •  6
  •  0

263: 囚われて…4

  •  3
  •  0

262: 囚われて 3

  •  5
  •  0

261: 囚われて…2

  •  5
  •  0

259: 小さい棘

  •  8
  •  0

258: 支配

  •  1
  •  0

256:

  •  4
  •  0

252: 洗面台の上で 2

  •  3
  •  0

250: おやすみなさい

色々考えたてたら眠れなくなりました。急に

  •  2
  •  0

249: 冷たい雨 6

  •  3
  •  0

246: 冷たい雨 5

  •  8
  •  0

245: 冷たい雨 4

  •  3
  •  0

244: 冷たい雨 3

  •  4
  •  0

242: 冷たい雨

  •  7
  •  0

235:

  •  6
  •  0

234: 癒される 2

  •  2
  •  0

233: 癒される…

  •  2
  •  0

232: 私の心理

普段、人から誤解を受けることがあっても説

  •  9
  •  0

231: 穏やかな時間 4

彼とは3回だけこうした時間を共にしました

  •  7
  •  0

230: 明けましておめでとうございます

お正月だというのに、今、家に一人でいます

  •  14
  •  0

229: 穏やかな時間 3

待ち合わせは京王プラザホテルの一室…緊張

  •  4
  •  0

228: 穏やかな時間 2

彼からの依頼…『君とゆっくり食事をしたい

  •  3
  •  0

227: 穏やかな時間 1

数年前、仕事の絡みで50代後半のかたとお食

  •  5
  •  0

223: 徒然なるままに…

今日はお休みでゆっくり過ごしています。す

  •  6
  •  0

218: バスルーム 3

  •  3
  •  0

216: バスルーム

ホテルのバスルームはたいていユニットバス

  •  0
  •  0

215:

  •  17
  •  0

214: 空白の10年間 記憶

その当時のことを思い出そうとすると心が塞

  •  4
  •  0

213: 空白の10年間

20代の終わりから10年間、私は一度も誰にも

  •  4
  •  0

212: 拘束の魅惑2

ぎゅっと縛りつけ革の間から乳房を引き出す

  •  11
  •  0

210: 欠けた心

時折どうしようもない不安が私を襲います。

  •  5
  •  0

209: 指先

ホテルの一室で彼とならんでサンドイッチを

  •  4
  •  0

202: 網の上から

  •  8
  •  0

201: 淫靡…紫

幼い頃から母に「紫は下品な色。」大人にな

  •  5
  •  0

200: 深く…

  •  3
  •  0

198: 彷徨

  •  9
  •  0

194: ざわつく心

心がざわつきました。今迄、溢れる涙を飲み

  •  7
  •  0

193: 過去の人からのメール

アドレスから消去していた彼からメールが届

  •  3
  •  0

192: 皇居を観ながら…7

  •  8
  •  0

191: 皇居を観ながら…6

  •  1
  •  0

190: 皇居を観ながら…5

彼の舌は私を狂わせます。花ビラを開かれた

  •  1
  •  0

189: 皇居を観ながら…4

私の身体の芯に触れてくる指…たった一本の

  •  1
  •  0

188: 皇居を観ながら…3

  •  1
  •  0

187: 皇居を観ながら…2

  •  1
  •  0

186: 皇居を観ながら…

澄んだ空の下に広がる皇居。そこだけ自然が

  •  3
  •  0

185: 表と裏

表の私は品行方正で堅い裏の私は淫靡で弱い

  •  8
  •  0

183: 月の光の下で

月が神秘的に輝いていますね。涼しい風を感

  •  5
  •  0

181: 彼から漏れる声

  •  5
  •  0

180: 舌の裏側

  •  3
  •  0

179: 触ってください

  •  3
  •  0

177: レースのむこう

  •  3
  •  0

176: 秋の気配

  •  3
  •  0

175:

  •  8
  •  0

174: 願望

  •  9
  •  0

173: シャツの上から

  •  8
  •  0

171: 剥き出しにされて

  •  3
  •  0

170: レースの上から

  •  5
  •  0

169: お久しぶりです…

  •  5
  •  0

168: 自分から

  •  32
  •  0

167: ご褒美

  •  9
  •  0

166: 同時に

  •  5
  •  0

165: 辱めの快楽

  •  4
  •  0

164: 涼しげに…

  •  12
  •  0

163: 汚されたい

  •  21
  •  0

162: 無理やり…

  •  7
  •  0

159: 卑猥

  •  11
  •  0

158: 蹂躙の仕返し

  •  6
  •  0

157: 蹂躙

  •  5
  •  0

156: 体調

  •  4
  •  0

154: 乱暴に

ワンピースの裾をたくし上げられました。彼

  •  5
  •  0

153: ワンピースを着たまま…

  •  4
  •  0

152: 台風

幼い頃、台風が来るとわくわくしました。停

  •  6
  •  0

150: 背後

  •  8
  •  0

149: ゆっくり奥へ

  •  5
  •  0

147: 意地悪な凶器

  •  3
  •  0

144: 同時に責められる

  •  13
  •  0

143: 弄って…

  •  12
  •  0

142: 卑猥と上品

  •  3
  •  0

141: 残り時間

ふと、私には残り時間が僅かであることに気

  •  4
  •  0

140: 届かない手紙

先生へ先生、お元気ですか?先生のお名前を

  •  8
  •  0

139: 教授とのこと…7

先生は私の髪を優しく撫でながらゆっくりと

  •  20
  •  0

138: 教授とのこと…6

私は処女でした。先生は私をはじめから深く

  •  3
  •  0

137: 教授とのこと…5

先生の舌は乳房から脇の下…お腹や背中…執拗

  •  3
  •  0

136: 教授とのこと…4

先生の背中を見つめながら部屋に向かいまし

  •  3
  •  0

135: 教授とのこと…3

『たまには美味しいものをご馳走してあげよ

  •  5
  •  0

134: 教授とのこと…2

先生(教授)の手は温かく、そっと父親が娘

  •  6
  •  0

133: 教授とのこと

いまから20年も前のこと…もはや昔話の領域

  •  3
  •  0

125: 不整合

私の気持ちは整うことがありません。いつも

  •  5
  •  0

123:

手芸店で綿の紐を買いました。10mも頼むと

  •  17
  •  0

122: 抱かれたい

  •  3
  •  0

120: 無理やり

  •  3
  •  0

119: ランジェリーの上から

ブラの上から緊縛…エピローグのようなもの

  •  3
  •  0

117: 解く作業

  •  5
  •  0

114: お久しぶりです

  •  5
  •  0

112: Mに目覚めた時…

幼い頃、父の書斎から一冊の小説を見つけま

  •  21
  •  0

111: お尻を突き出して…

  •  7
  •  0

110: 両手を吊るされて

  •  5
  •  0

109: キツく縛って…

  •  7
  •  0

108: 叩かれる快感

  •  12
  •  0

107: 自分でしてごらん

  •  7
  •  0

106: 彼の指

  •  5
  •  0

105: 自分から…

  •  4
  •  0

98: 緊縛

  •  15
  •  0

95: シルクのブラウス

上質なブラウスの上から乳房をねっとり触れ

  •  2
  •  0

94: GWに…

  •  9
  •  0

93: 意地悪な優しさ…

  •  5
  •  0

92: 濡れるまで

後ろ手に縛られたままソファに座らされまし

  •  15
  •  0

91: ボンデージテープ

  •  9
  •  0

87: 跪きながら…

  •  4
  •  0

86: ビスチェの下には

  •  7
  •  0

84: 後ろから

  •  3
  •  0

83: ビスチェ

  •  9
  •  0

79: 視姦

  •  4
  •  0

78: 日差しの中で

  •  7
  •  0

74: 春の情事

  •  7
  •  0

73: モクレン

彼と久しぶりに逢い、長い時間を一緒に過ご

  •  6
  •  0

71: 妄想の終焉

  •  6
  •  0

68: 妄想…

  •  6
  •  0

65: イノセント

サルートのスリップ、刺繍が繊細で気に入っ

  •  10
  •  0

60: 洗面台の上で

  •  4
  •  0

57: 疲労困憊

連日、仕事立て込んでいてぐったりしていま

  •  6
  •  0

53: 脱がされない快楽

  •  5
  •  0

52: 清楚

清楚な紺のランジェリー。写っていないのが

  •  2
  •  0

50:

明日、また雪のようですね。私は仕事がある

  •  12
  •  0

49: 長い時間の間に

ベッドの上でずっと体を重ね続けていました

  •  1
  •  0

48: 長い時間の続き…

  •  3
  •  0

47: 長い時間の始まり

  •  3
  •  0

44: 剥がすように

  •  2
  •  0

43: 後ろから抱きしめられたい

  •  10
  •  0

42: ありがとう…

  •  2
  •  0

40: サルート

今日は黒のサルート、刺繍が繊細…着けると

  •  6
  •  0

36: 苦い記憶

彼と別れて数ヶ月たった頃、寂しさに耐えき

  •  6
  •  0

35: 後ろ手に縛られて

抗うことは許されません。彼は容赦無く私を

  •  5
  •  0

31: 未経験のまま

  •  4
  •  0

30: 背中にキス

  •  1
  •  0

25: サルート.初恋

昨日、ランジェリーが届きました。サルート

  •  6
  •  0

20: 私を探る指

  •  5
  •  0

18: 指先から伝わる…

気持ちがない相手と体を重ねても感じません

  •  2
  •  0

12: 私のこと

  •  8
  •  0

8: ランジェリー

いままで機能性を優先していましたが、最近

  •  5
  •  0

6: 大学教授と…

大学3年の秋に大学教授と恋に落ちました。

  •  1
  •  0

5: 新作

  •  1
  •  0

4: 自縛

  •  4
  •  0

3: ブログを開設した理由

誰にも言えない本当の私をこの場所で…

  •  6
  •  0

1: はじめまして

はじめてブログを開設いたします。今までの

  •  4
  •  0